ラクエンロジック 遊々亭Blogです。遊々亭一押しのプレイヤーさん達による攻略情報やゲームに関する様々な情報、担当のおすすめなど、ラクエンロジックに関する情報を配信していきます。Twitterでも情報配信中です!
遊々亭@ラクエンロジック担当アカウント@yuyutei_lucklog遊々亭公式アカウント@yuyutei_news
  • 攻略コラム
  • デッキレシピ
  • ニュース
 

【DaiGo】『DaiGo式デッキの作り方 完結編 その1』

posted

by DaiGo


DaiGo『フィナーレだ(ユリ○ス風)』

遊々太『シャドバかよ!』

DaiGo『シャドバのスリーブはラクエンロジックにも対応してるから皆買ってね!遊々亭でも買えるよ!』

遊々太『宣伝かよ!どこのまわしもんやねん!?』
さて、本格的な冬になってきましたね。早速風邪をひきましたDaiGoです。
いよいよデッキの作り方、最終章を迎えました。今回はこれまでのことを踏まえて、あれやこれやほんとは言いたくないことなど色々詰め込んでいきます!

では本編に参ります!
※極力今回だけでもわかるようには書く努力はしましたが、一応これまでのデッキの作り方講座を受講してから読むことをオススメします
目次


今回はパワーラインまでのお話になります。
1. デッキ配分
DaiGo『さて、まずはデッキ配分についてだ』

遊々太『基本ですね』

DaiGo『じゃあ天の声よろしく』

遊々太『(自分で説明しないのかよ)』

天の声『さて、DaiGo的最近のデッキ配分の見解としてはこんな感じだ!
  • レベル4 6~8枚
  • レベル3 4~5枚
  • レベル2 7~8枚
  • レベル1 定理者 9~10枚
  • 使者 9~10枚
  • 戦術 4~6枚
  • 逆理 8枚(必須)
らしいぞ!じゃあ解説の時間だ!』

遊々太『とりあえず傾向としてはレベル3が少なめで、レベル2が多めって感じですね』

DaiGo『終盤になってレベル3レベル4ばかりあると攻撃回数稼げなかったり、序盤に手札にレベル3やレベル4がいっぱいあるとはげそうになったりするからレベル2が多くなるのは仕方ないのだろう』

遊々太『そこら辺を調整して戦術の枚数を増やすって感じですね』

DaiGo『現環境的には定義戦に強くするって傾向があるんだ。ただ、メンバーを減らすと物理的に事故率も上がるから気をつけないといけないんだ』

遊々太『割と難しいですね』

DaiGo『今回はそういうデッキ作りの掴みさえ出来ればいいかなというスタンスでやっていくぞ!』

遊々太『(あれ、今回割とまともなんじゃないか?)』
2. パワーライン
DaiGo『遊々太よ、パワーラインって聞いたことあるか?』

遊々太『あれでしょ?力強くLINEを送る事でしょ?』

DaiGo『お前スマホの画面割る気かよ!』

遊々太『違うんですか!?』

DaiGo『違うわ!パワーラインっていうのは送電線の事でな、、、』

遊々太『それも違うでしょ!』


天の声『これをお読みの方も聞いたことがあるかも知れませんが、パワーラインとはカードゲームではある一定水準に達する攻撃力を指し示す意味で使われる事がある、造語のようなものである』


DaiGo『とりあえずメンバーを採用する際に最も気をつけておきたいポイントだと俺が思ってるのが、このパワーラインだ』

遊々太『そんなに大事ですか?』

DaiGo『大事だな。防衛戦術講義の時にも触れたが、パワーが同じだと攻撃側が勝つんだったよな』

遊々太『そうでしたね』

DaiGo『じゃあ防御する側としてはどういった状況が望ましいかわかるかい?』

遊々太『それはまぁ、、、とりあえず1000でもパワーが上回ってるようにはしたいですね』

DaiGo『その通りだ、そう考えるのが普通だからこそ、その防御側の考えに合わせてパワーラインというのが決まってくるんだ』

遊々太『何となくわかってきましたよ!レベル3に9000が多いとかそういうことでしょ!』

DaiGo『その通りだ!ではDaiGoがあまり外には出したくないと思ってるパワーラインをレベル別にみていこう!』
パワーライン一覧
レベル4
パワー10000
<傲慢不遜=RR==10091@緑@!gp!on!200> <雌雄を決する=U==10035@赤@!gp!on!200>
DaiGo『これはレベル4を手札からそのまま出撃させた時のパワーだ、ちなみにレベル3のパワー8000ソウル持ちの攻撃力って事も頭に入れておこう』
パワー13000
<絶望のオーバートランス=R==10094@緑@!gp!on!200>
DaiGo『DaiGo大好き<絶望のオーバートランス=R==10094@緑@オバトラ オルガ>や盟約が発動した玉姫等がこのパワーに達する事があるぞ!基本にはレベル4のソウル持ちだけでは達してない事を踏まえておこう(アシュリーは例外)』

DaiGo『レベル4で意識しておけばいいことはとりあえずこの2つの数字だ!これは攻撃するときも防御するときも意識しておいた方がいい数字だ』

遊々太『確かによく見ますね、特に玉姫はトップに上がってくるデッキなので意識してないといけないのはわかるんですけど、これとデッキ作りの何が関係あるんですか?』

DaiGo『人の話聞いてた!? もしこのパワーに達せなかったらどうなる?』

遊々太『そりゃ攻撃が通らないからこちらから定義になって、、、あっ!』

DaiGo『気づいたようだな。要はデッキを作る際にこのパワーに達するギミックは最低限入れなきゃいけないってことだ!』

遊々太『見落としてましたわ』

DaiGo『そして可能ならこの数値+5000の攻撃力を確保出来るとなおいいんだが、それはキャラや国毎に得意不得意があるから、とりあえず最初はこのパワーを作れるといいぞ』

遊々太『成る程、玉姫の盟約使われたらツラかった原因がよくわかりました』

DaiGo『攻撃が届かなくて悩ましい経験をした人はまずここを見直してみよう、では次はレベル3だ』
レベル3
パワー9000
<月下の大弓=RR==10157@@!gp!on!200>
DaiGo『葵系統のデッキから最もよく出てくる数字だ。これを意識して他のデッキもレベル3はパワー9000を採用してる場合が多いぞ』

DaiGo『正直、レベル3は9000さえ意識しとけばいい感があるぞ』

遊々太『急に雑になりましたね』

DaiGo『というのも9000さえ出力出来ればなんとでもなるからな』

遊々太『どゆことですか?』

DaiGo『先攻3ターン目の攻撃回数は覚えてるか?』

遊々太『確か2回だったはずです』

DaiGo『その場合、相手の場にはレベル2以下ののメンバーしかいないから、基本的にはレベル3で攻撃すれば攻撃が通る場合が多いんだ』

遊々太『成る程、じゃあ後攻3ターン目の時にはどうなんですか?』

DaiGo『後攻3ターン目の攻撃は3回あるからメンバー+門で2回攻撃するにしてもあと攻撃回数が1回残るんだ。その時に相手のレベル3を攻撃の選択肢に入れるって意味で、パワー9000があればいいって感じだ』

遊々太『なるほどですね、レベル3でもパワー10000で守れる<海に迎えられる=U==10013@橙@>や<堅牢なる装甲=U==10115@緑@>もソウルさえあればなんとかなりそうですもんね。逆にソウルがないパワー9000に勝ってるから、今言った2枚みたいにレベル3でパワー10000を出力できるカードは優秀なんですね』

DaiGo『3ターン目にそういったパワー10000を攻撃することはあまりないから考えず、とりあえずソウルや効果を含めて9000というパワーが作れる事が大事だ。ただしパワー7000を採用する場合には注意が必要だ』

遊々太『<空と海と=RR==10073@@>とかが有名ですよね、どうしてですか?』

DaiGo『レベル4のメンバーがソウルを持つとパワー12000になるだろ?だからパワー7000と5000差がついてかなり不利な状況からスタートしてしまうんだ。パワー10000なんて基本的にどんなデッキにもいるから倒されるし、下手に出してしまうと後半わざと残して的にされかねないんだ』

遊々太『道理で<空と海と=RR==10073@@>の退場が早いんですね』

DaiGo『あいつは残ると手札を増やされ続けかねないからな』

遊々太『なんか今回それっぽいですね』

DaiGo『ネタを思いつかないだけだ』

遊々太『(ふざけるつもりはあるのか)』
レベル2
パワー7000
DaiGo『7000、これはもう何を意識してるか答えられるよな?』

遊々太『わかりますよ!ラクロジのBOXが一箱買える金額でしょ?』

DaiGo『間違いじゃないけど違う!<波際の癒し=RR==10001@橙@>の元々のパワーだ!あのカードのソウルを使ってもらうために最低限必要なパワーがこの7000だ』
<波際の癒し=RR==10001@橙@!gp!on!200>
遊々太『そういえばいつの日かもそんなこと言ってましたね(気になった人はヴェロニカ局長の回を見てみよう)』

DaiGo『まぁ最近は<波際の癒し=RR==10001@橙@>を相手の攻撃が届かないように隠すのがテンプレートみたいだがな』

遊々太『DaiGoさんどんだけ<波際の癒し=RR==10001@橙@波際>嫌いなんですか』

DaiGo『ニーナがやられた』

遊々太『この話辞めましょう』
パワーライン まとめ
DaiGo『とりあえずこれまでにいくつか数字を出してきたが、正直この数字はあてにならない』

遊々太『なんてこというんですか、担当の方に怒られますよ』

DaiGo『待て、変なイメージをつけるんじゃない!カードゲームとは生き物みたいなものだ。新しいカードが出て採用されるカードが変わってくれば、当然今まで言ったパワーラインは変わっていくんだ。デタラメを言ってたってことじゃないぞ』

遊々太『なんだ、テキトーにやってましたって白状したのかと焦りましたよ』

DaiGo『まぁ残りを次回に回そうとしてる辺りはテキトーだがな』

遊々太『オイ』
まとめ
配分やパワーラインは変わっていくものだから、公式サイトに載ってるデッキレシピやここのブログを参考に自分だけのロジックを見つけよう!

さて、今回は珍しく←真面目な記事に仕上がった気がしてます。
これからまだ大会に出られる方もそうでない方もこの記事が自分の戦い方を見つけるきっかけになれば幸いです。

では結局次回まで伸ばすので。また次回の記事でお会いしましょう!
~後日談(?)~
遊々太『ほんとは実際に作ってみたまでやって一回で終わらそうと思ってたんですよね?』

DaiGo『まあそうだが実際書き始めたら長くなったというのと、今回第4弾は3箱+α買ったからもう作り終わったんだ』

遊々太『待って、今回デッキ作らないの!?』

DaiGo『すでに18個デッキあるし』

遊々太『ナンテコッタ』

DaiGo『パンナコッタ』

ラクエンロジック 超買取強化カード紹介!!(3/2)

by -遊々亭- ラクロジ担当

READ MORE

デッキ紹介記事まとめ

by -遊々亭- ラクロジ担当

READ MORE

ラクロジ初心者講座

by -遊々亭- ラクロジ担当

READ MORE