ラクエンロジック 遊々亭Blogです。遊々亭一押しのプレイヤーさん達による攻略情報やゲームに関する様々な情報、担当のおすすめなど、ラクエンロジックに関する情報を配信していきます。Twitterでも情報配信中です!
遊々亭@ラクエンロジック担当アカウント@yuyutei_lucklog遊々亭公式アカウント@yuyutei_news
  • 攻略コラム
  • デッキレシピ
  • ニュース

新ルール考察

    posted

    by シグマ

    皆様こんにちは。シグマです。

    ラクエンロジックにおいて2度目のルール変更告知があったり、ひなろじに既存キャラの参戦発表と今後の販売予定が更新されたりと色々あったと思います。
    また新ブースターパック「Change×Collect」のカードも少しずつ公開されはじめ、色々な感想が飛び交っていることと思います。

    個人的な感想では、カード1枚あたりの基本スペックがかなり上がったように感じますね。
    そんなの先鋒に盟約が付いててそれがトライアルデッキに入っている時点で当然と言えば当然ですが、強いと思っていたトライアルデッキのカードの更に上を行く効果に感じられたので、今後の公開にも期待が膨らみます。

    さて今回は、7月から導入予定の新ルールについての雑感を書こうと思います。
    5/6,7に行われたブシロード10周年祭にて貸し出しデッキを使用した新ルールでのファイトやひなツアーを経験したので、何かしら新ルールについて書けるのでは無いかと思い、記事にさせていただきました。

    今回のルール変更で追加予定の新ルールは
    • マイロジカリスト
    • トランスチェンジ
    • EXソウル
    • 新カードのテリトリー1化
    がありました。

    マイロジカリストとは
    「1試合に1回だけ定理者の代わりに使者と合体出来るカード」で、デッキ枚数に含まれないもののようです。

    このカードのおかげで「定理者が引けない!!」なんて試合でも合体することが出来るので、序盤の安定感がかなり上がると思います。
    このカード自体はソウルにならないため、メンバーが倒された時に増えるストックの量や、メンバーの攻撃時のパワー上昇値が今までの合体より少なくなる点に注意が必要です。
    また、<波際の癒し=RR==10001@橙@波際の癒し 玉姫>や<アクロバットステップ=RR==10002@橙@アクロバットステップ ニーナ>などのカードを使う場合もソウルが少なくなっている点には注意が必要です。
    <波際の癒し=RR==10001!gp!on!200> <アクロバットステップ=RR==10002!gp!on!200>

    マイロジカリストと後述するトランスチェンジの関係上、定理者と使者の配分が今までと大きく変わると思うので、今後のデッキ構築の幅がかなり広がったと考えています。
    その分調整に時間をかけないと環境を把握しにくくなったと思うので、大会で勝ちに行こうと考えている人は一緒に苦労しましょう・・・

    個人的オススメマイロジカリストはニーナですね。

    ニーナの使者盟約は優秀な効果を持つものが多く、序盤から積極的に合体していきたいので相性はかなり良いと思います。
    WGP博多では新発売のトライアルデッキAngel Logicが使用できるので、先鋒能力付きの使者盟約を手に入れたニーナが環境にどのような影響を与えるかも見物ですね。

    トランスチェンジとは
    「1ターンに1回、『トランスチェンジ(TC)』の能力を持つ合理体と使者で合体出来る」というものです。

    トランスチェンジと合体はそれぞれ別物として扱うので、単純に合体回数が多くなりますね。
    これにより盟約の発動回数が増えると考えられるので、使者に強い盟約があるキャラはそれだけで他のキャラよりも強くなりやすいです。

    更にトランスチェンジではソウルに合理体が入るので、ソウルをインターセプト領域に置いたりする能力の幅が広がったと思います。
    この辺の盟約や能力のキャラ格差は今後の調整に期待したいですね。

    またこれは余談ですが・・・盟約が複数回発動するのでかなり強くなったように見えますが、実は合体して盟約が発動している合理体と使者でトランスチェンジをしてしまうと、盟約によるパワー上昇などが消えてしまいます。
    この現象は後述するEXソウルを達成しようとすると起こりやすいので、合体する順番には注意が必要です。

    EXソウルとは
    「メンバーのソウルがEXソウルで指定されている枚数以上ある時に発動する能力」です。

    現在確認されているEXソウルは1と3で、EXソウル1はマイロジカリスト、トランスチェンジのどちらを使用しても簡単に発動することが出来ます。
    EXソウル3は通常の合体では達成できないので、トランスチェンジを使用する必要があります。
    一応1ターンに合体とトランスチェンジの両方を行うことが出来るので1ターンで達成することも可能ですが、ハンドを3枚消費してしまう上にソウルが4になるので無駄が多くなると考えられます。

    ですから序盤にマイロジカリストで合体する時はトランスチェンジ持ちに合体したり、通常の合体でも狙われにくい配置にして盤面に残りやすくしたり、ソウルの枚数調整をすることで次のターンのトランスチェンジの無駄を省きやすいと考えられます。
    逆にEXソウル5の様なカードがあったら基本的には1ターンで達成できないのでかなり強い効果を期待できそうですね。

    新カードのテリトリー1化
    7/14発売の新トライアルデッキ「Angle Logic」および「Bloom Logic」から導入予定で、今までレベル3以上のメンバーはテリトリーが2以上であったものが、全てではないもののテリトリー1になるそうです。

    これにより今までの配置の常識が変わります

    まず1枚のカードで2つの門を守ることが出来なくなるため、必要最低限の盤面展開枚数が増えます。
    これによりハンドを整えるのが以前より少し難しくなったと思います。
    しかし2門守りがしにくくなるのは後攻4ターン目に相手の配置次第では<月下の大弓=RR==10157@@月下の大弓 葵>や<スーパータイガークロー=RR==10105@緑@スーパータイガークロー クロエ>などのような貫通を使用することで勝利することが出来なくなるので、配置が分かりやすくなったと思います。
    <月下の大弓=RR==10157!gp!on!200> <スーパータイガークロー=RR==10105!gp!on!200>

    また、今までは真ん中の門を2枚破壊するとリミット3のメンバーで全ての門を守る場合には無理やり配置しないといけなかったものが、レベル3のメンバーがテリトリー1になることで無理なく守れるようになるのも簡単になったと思われる一因です。

    しかし簡単になる一方で、今まで戦略的に行ってきたことが出来なくなったのは少し寂しく感じますね。

    ではレベル3以上のメンバーのテリトリーが1になることで、今までと何が変わってくるか考えてみましょう。

    攻撃上限増加効果について
    まず、攻撃上限増加系の効果が強くなったと考えられます。

    例えば、<挽回の恵風=RR==10028@赤@挽回の恵風 縁>や<ウィンガーストライク=RR==10035@赤@ウィンガーストライク 縁>のようなメンバーで攻撃回数を4から5回に増やしたとします。
    <挽回の恵風=RR==10028!gp!on!200> <ウィンガーストライク=RR==10035!gp!on!200>

    5回攻撃するには基本的にメンバーを5枚盤面に出す必要がありますね。
    上記のカードの効果で攻撃回数を増やす場合、これまでは残りのテリトリーは4になるので他のテリトリー2のメンバーを出してしまうと盤面にメンバーを5枚並べることが出来ませんでした。
    つまり従来のカードでは、折角5回攻撃出来るのにリミット3のメンバーで攻撃出来る回数は1回だけでした(再スタンドなどがあった為実際はその様な場面は少ないものの、ある程度決まったデッキでしか出来ませんでした)。
    しかし新ルールによってテリトリーが緩和されることで、これらのカード以外テリトリー1にしてもリミット3で複数回攻撃出来るようになりました。

    更に今までは特定のデッキ(再スタンド出来るデッキ)でしか使用されにくかったものが他のデッキにも出張しやすくなった為、構築の幅が広がると考えられます。

    スタンド封じや隣接の弱体化
    今までのルールではテリトリー2のメンバーを1体スタンド封じするだけで、新しいメンバーを上書きしないと1ターンに2門破壊するのが非常に困難であったものが、テリトリーが1になることでメンバーを押し出さなくても普通に戦闘することが出来ます。
    また隣接に関しても、以前はテリトリー2のメンバー2体で2門守る場合、少なくとも1体は隣接することが出来ましたが、テリトリーが1になることで隣接させるのが困難になりました。

    最後に
    新ルールを体験した感じでは、トランスチェンジを何回も行うとハンドがかなり減ると感じました。
    これはテリトリーが1になることによって序盤の展開数が増えることが影響していると思います。
    この辺はプレイヤーの慣れの問題もあると思いますが、色々と模索していこうと思います。

    新ルール環境は今までの常識とは色々とプレイングなり構築なりが変化するので、ラクロジを初めて遊ぶ人や久しぶりに遊ぶ人、普段から遊んでいる人の全員にチャンスがあると思います。

    最後までお付き合いいただきありがとうございました。


『愛ゆえに』

    posted

    by DaiGo


    DaiGo『人は時に究極の選択に迫られることがある。愛を信じ、戦うのか力を信じ戦うのか、それらが共存しないこともある、しかし・・・』

    遊々太『よーするにオルガだけじゃキツいってことですね?』

    DaiGo『うむ』
    はっじまるよー

    お久し振りですね。DaiGoです。

    前回の記事から時間も経ち、マイロジカリストカードもそろそろ出回り始めていますね。
    今回はそのマイロジカリストカードを使ったアシュリーデッキの紹介とマイロジカリストカードの考察みたいなものを書いていこうと思います。

    今回は書いてる本人が傷心につき、テンション低めでお送りする・・・わけがないな、うん(フラグ)
    ~マイロジカリスト考察~
    遊々太『マイロジカリストカード・・・ゲットしたはいいものの、やっぱりどう使えばいいかまだピンと来ないですね~』

    DaiGo『マイロジカリストカードは強力なカードだけど、考えて使わないとその真価を発揮出来ずに終わってしまうぞ!考えておくべきポイントは主に2つだ!
    1. 何ターン目にマイロジカリストカードでトランスするか
    2. どの盟約を狙うのか
    これらをはっきりさせておくことがマイロジカリストへの第1歩だと言えるぞ』

    遊々太『マイロジカリストへの1歩・・・うーんなんとも言えないフレーズ』

    DaiGo『今回はその具体例として前回紹介したアシュリーデッキの解説と共にふれていこう!』

    遊々太『イエッサァー』
    ~前回紹介したアシュリーデッキ解説~
    デッキレシピ『アシュリー』
    プレイヤー:DaiGo
    マイロジカリストカード:アシュリー・ブラッドベリ
    =====deckstart===== @合理体-orange <熱戦==bt01=10106>*2 <百鬼==bt03=10088>*2 <魍魎==spb01=10074>*2 <トライ==bt04=10053>*1 <制裁==spb01=10067>*3 <金棒==spb01=10069>*4 <萌え袖==bt03=10092>*4 <電操符==bt03=10111>*2 @定理者-green <期待膨らむ==eb01=10051>*3 <風と語らう==bt04=10058>*4 @使者-green <虜にする色気==spb01=10081>*4 <規律==spb01=10072>*4 <泰然自若==spb01=10085>*1 @戦術-blue <突然の==bt03=10095>*4 <サイクロン==spb01=10089>*1 <水辺==bt01=10149>*1 @逆理-blue <大自然==bt01=10153>*4 <因縁==bt03=10100>*2 <冷厳なる==spb01=10093>*2 @門- <==td01=10020>*2 <輪廻の門=PR==10014@@>*2 <おいしい==promo=10221>*1 <==td01=10022>*2 <==promo=10152>*2 <==td01=10023>*1 =====deckend=====
    コンセプト
    ストックを貯めてからの戦術構築、パワーで押し勝つプレイングが必要。
    故に逆理は相手の逆理を弾き返すために使う。
    それに伴う各ターンのプレイング
    • 2ターン目:理想はアシュリー(レベル2)をたくさん並べる
    • 3ターン目:マイロジカリストでレベル3アシュリーにトランス
    • 4ターン目:先攻後攻、相手のデッキ、その他色々に応じてアシュリーにトランス
    DaiGo『これが基本のコンセプトだ』

    遊々太『あれ、オルガよりもちゃんと考えてません?』

    DaiGo『それはいうな』
    各カード紹介(重要度順)
    <==spb01=10067!gp!on> 制裁の鉄槌 アシュリー

    DaiGo『基本的にトランスしたターンにどちらの効果も狙う。ここで上手く手札を2枚増やせると後の流れが非常に楽になるぞ。盟約は出来ればかわいい<==spb01=10072@緑@ルカちゃん>がいいな~』

    遊々太『どこぞの遊戯王の変態おじさんみたいな言い方するんじゃない!』※遊戯王5D′S 18話参照

    <==bt04=10058!gp!on> 風と語らう アシュリー

    DaiGo『必ず4ターン目に持っておきたい1枚。これがないと<==spb01=10074@緑@ほにゃらら大行進>も機能しなくなるから、最初の手札交換等で必ず1枚は確保しておこう』

    遊々太『4ターン目までに<==bt03=10092@緑@萌え袖>や<==spb01=10069@緑@鬼に金棒アシュリー>をいかにドロップ出来るかもポイントですね』

    <==spb01=10072!gp!on> 規律の刃 ルカ

    DaiGo『かわいいルカちゃんだ。ストックや山札の操作を1枚で担ってくれてるカード。3ターン目は出来るだけこの盟約を使いたい』

    遊々太『つまり、2枚ドローを選んで引きたいってことですよね』

    <==eb01=10051!gp!on> 期待膨らむ アシュリー

    DaiGo『3~4ターン目には出したいメンバーの1枚、登場したときよりも採用は減ってきてるが、今の環境の赤の暴力を少しでも止めれる可能性があるので採用』

    遊々太『これから水着の季節ですしね』

    DaiGo『それ関係ある!?』

    <==bt01=10106!gp!on> 熱戦を制する アシュリー

    DaiGo『基本的に防御用のカード。<==bt01=10153@緑@大自然の掟>に反応する自動効果は使わないといけないですね。LDに用がなくてもトランスする意味があるので2枚採用』

    遊々太『へー』

    DaiGo『聞く気ある!?』

    <==spb01=10085!gp!on> 泰然自若 ジェイド

    遊々太『このカードはあんまり見ないですね。<==eb01=10051@緑@期待膨らむアシュリー>じゃダメなんですか?』

    DaiGo『いい質問だな。このカードは後ろでレストしてるアシュリーのパワーを1000上げる効果を持ってるぞ!<==eb01=10051@緑@期待膨らむアシュリー>との違いとしては、ソウル持ちのメンバーが必要ないってこと、効果にコストがいらないってこと、何より使者ってとこだ!あと、<==bt03=10088@緑@百鬼招来>の前に置くと百鬼招来16000フォーメーションも組めるぞ!』

    遊々太『なるほど、使者の枚数はまだ要りますもんね』

    DaiGo『つまりはそういうことだ』

    <==spb01=10089!gp!on> サイクロンパンチ

    DaiGo『よく見ると<==bt04=10058@緑@風と語らう>と同じ事が書いてあるカード。3ターン目の<==spb01=10067@緑@制裁の鉄槌 アシュリー>の防御時とかに使えると物凄く理想的。まぁ大体<==spb01=10089@緑@サイクロンパンチ>→<==bt01=10149@緑@水辺の女神>の流れが多い』

    遊々太『そう考えると悪くは無さそうですね』

    <==bt01=10149!gp!on> 水辺の女神

    DaiGo『<==bt02=10085@赤@満漢全席>を弾き返したいカード。基本的に+15000になるように<==spb01=10072@緑@ルカ>で仕込んでおくようにするといい』

    遊々太『赤じゃない他のデッキ涙目です』
    その他のカード
    DaiGo『基本的に書いてある通りの動きしかしないぞ。<==spb01=10069@緑@鬼に金棒>は要らなくなったと思われがちだけど、このデッキの場合は<==spb01=10072@緑@ルカ>で仕込んだ後のアタック時のレベルブーストはあんまりしたくないから先に<==spb01=10069@緑@鬼に金棒>使って引くってことが多いぞ』

    遊々太『<==bt01=10149@緑@水辺の女神>意識し過ぎてレベルブースト腐らせることもありましたもんね』

    DaiGo『それは言わなくていい』
    入れ換え候補
    <==spb01=10075!gp!on> スパークルラウンド アシュリー

    DaiGo『最近<==bt04=10053@緑@トライコンセントレート>と交換していい気しかしてない。ラス1割るのに<==bt04=10053@緑@トライコンセントレート>でやろうとしてたけど、逆理を置かないことを意識するのが非常に面倒になってきたのでこっちでもいいかも。最後までパワー勝負で終わろう?』

    遊々太『理由ひっで』

    <==bt02=10091!gp!on> 傲慢不遜 オルガ

    DaiGo『脳筋レベル3踏み倒したいって時用のカード』

    遊々太『またクロエとかが流行ると使いやすくなりそう。今は・・・』


    <==bt04=10066!gp!on> 先鋒持ち使者

    DaiGo『毎度の事ながらやっぱりあった方が精神安定上、いい』

    遊々太『初手3面守りされた場合、試合時間にほぼ終わらないからヤバい(ヤバい)』
    その他
    レベル領域の基準
    DaiGo『アシュリーが2体くらいいればいいぞ。相手のターンに2枚レベルブーストが残ってればいいからな』
    レベル4の基準
    <==lbt01=10021!gp!on> vs らくろじ部

    DaiGo『<==bt03=10088@緑@百鬼招来>を相手が狙わないと2枚割れない場所に置こう。らくろじ部が相手の場合、<==spb01=10067@緑@制裁の鉄槌 アシュリー>が足を引っ張ることもあるから捨てる勇気も大切だ』

    遊々太『3ターン目に2枚ドロー狙えないなら無理に出さないとかのプレイングが大事』

    DaiGo『<==lbt01=10021@赤@あど>の貫通要件がらくろじ部だから兵糧攻め効かないのツラすぎ』

    遊々太『でも効果的な場面もあるからよく相手の動きをみて戦っていこう。勝てることもある(多分)』

    <==bt04=10079!gp!on> vs 葵

    DaiGo『パワー勝負で頑張れ』

    遊々太『雑だな~』

    DaiGo『パワー勝負でなら勝てる見込みはある。逆理は勘弁』

    遊々太『ダメだこりゃ』


    Newコーナー:デッキパラメーター
    DaiGo『ここまでを踏まえて、このデッキのパラメーターを5段階評価でDaiGo的主観に任せてパラメーターにしたぞ!』
    プレイ難易度:2(5に近いほど難しくて1に近いほど簡単)
    DaiGo『勝負の仕方がはっきりしてるしそのターンにしたいこともはっきりしてるから初心者でも安心して使える。練習がいるのはトライコンセント(以下略』

    遊々太『じゃあやっぱ抜けよ!』
    ロジック定義:3(ロジック定義勝率、当然5に近いほど勝率がいい)
    遊々太『オーラ勝負がね、、、』
    構築難易度:2(1)(5に近いほど組みにくい)
    DaiGo『ほとんど安く揃う。<==eb01=10051@緑@期待膨らむアシュリー>なんて某通販サイトで今日(5/31)セールしてたぞ』

    遊々太『<==bt04=10053@緑@トライコンセントレート>を<==spb01=10075@緑@スパークルラウンド>にしたら1に引き下がるぞ!財布にも優しいのが好評価』

    DaiGo『こんな感じでそれなりに戦えるデッキだし、<==spb01=10065@緑@レインボーメロディ>いらないから組みやすいよきっと』

    遊々太『押し売りの仕方が露骨・・・』
    いかがでしたか?珍しくちゃんとした記事になっててぞわっとしましたね(笑)
    そんな感じで今回のマイロジカリストを使ったデッキ紹介を終ろうと思います。

    ちなみに回した感じ、マイロジカリストあれば定理者は6~7枚あればフツーに回ります。マジです。

    ではまた次の記事でお会いしましょう!さよならー

    ~おまけの雑談~
    DaiGo『実はこのデッキ、リユニオン出た頃にベースとなるパワー型アシュリー組んだんだけど実はこのデッキ組んだときめちゃくちゃ後悔したんだ』

    遊々太『え、DaiGoさんがデッキ組むときに後悔することなんてあるんですね』

    DaiGo『そう、<==spb01=10065@緑@レインボーメロディ>なんてパワー型アシュリーには入らなかったから売っちゃったんだよね、全部』

    遊々太『あっ、、、そのあとでしたっけ、強いってわかったの』

    DaiGo『まじで後悔しかなかったんだなー』

    遊々太『(それって組んで後悔したってことなのかな・・・)』



    つづく

ロジカリストチャンピオンシップ in BCF2017 名古屋大会 葵デッキ解説

    posted

    by ねくろん

    ■はじめに
    皆さん、こんにちは。
    "葵愛を貫いた結果、後一歩で名古屋優勝するところだったよ"ねくろんです。

    多分この結果に驚かれた方も多いと思われますが、私自身も相当驚いているので大丈夫です。
    実際のところ、BCF名古屋2週間前あたりでは「この環境、葵絶対無理。らくろじ部握る以外考えられない。」と言っていたぐらいで、そんな状況の中で少しでも葵の勝率を上げるためにいろいろ考えた末、何とか結果を残す事ができて本当に良かったです。

    以前『2017年の抱負』で「何とか葵を使いながらどこかの大会で公式にレシピを残せたら良いなと思っています。」と書きましたが、さっそく目標が達成できてホッとしています。

    何はともあれ、まずはデッキレシピでも見てみましょうか。
    ■デッキレシピ
    ピラリ学園生徒会 with B
    プレイヤー:ねくろん
    =====deckstart===== @合理体-orange <月下==bt01=10157>*4 <神楽==bt03=10102>*1 <レイディング==bt04=10079>*3 <後援==bt04=10087>*4 <ガンマン==bt04=10089>*4 <クロール==eb01=10083>*2 <レインボー==spb01=10065>*2 @定理者-green <究極の選択==bt04=10097>*4 <夕日==spb01=10097>*4 @使者-green <ヒーロー==bt04=10086>*4 <装備換装==bt04=10092>*4 @戦術-blue <規格外==bt01=10199>*4 <契り==bt01=10201>*2 @逆理-blue <まんまる==bt01=10203>*4 <三日月==spb01=10124>*4 @門- <輪廻の門=PR==10014@@>*1 <夜の==promo=10165>*1 <クロネコ==promo=10179>*1 <魔女っ子==promo=10183>*1 <小悪魔==promo=10189>*2 <ニーナ==promo=10201>*2 <アシュリー==promo=10203>*2 =====deckend=====
    ■デッキ解説
    デッキ名にあるwith Bは「with Blue members」の略です。どうでも良いですね。

    さて今回のビックリドッキリメカ、いわゆるキーカードは<規格外==bt01=10199@@規格外>です

    これが4積みされている理由はとても単純で、とにかく逆理の貼り合いに勝ちたいからです。
    らくろじ部の逆理は1ドローが付いているため、防衛戦で単純に逆理の貼り合いに持っていくと分が悪い点が悩みのタネでした。そこで「<規格外==bt01=10199@@規格外>で(場合によっては<レインボー==spb01=10065@緑@レインボーメロディ アシュリー>も併用して)山札をめくりまくれば逆理の貼り合いに勝てるんじゃないか」という乱暴な発想により、このデッキは生まれたのでした。

    もう同キャラ戦とか完全無視ですね。当たったらしらないw

    では個々のカードを見ていきましょう。
    レベル4帯
    <月下==bt01=10157@@!gp!> 月下の大弓 葵

    毎回書いてますが(個人的)1弾最大のぶっ壊れカード。
    LDで貫通 + 1ドロー、専用逆理(<まんまる==bt01=10203@@まんまるお月様>)でリミット+1。どうしてこうなった。
    今回は守りで手出しする事も多くなったので4枚採用しています。

    <神楽==bt03=10102@@!gp!> 降臨の神楽 学

    相手の門が残り1枚なら絶対殺すマン。今回も大活躍でした。
    1枚あれば十分かな。

    <レイディング==bt04=10079@@!gp!> レイディングダッシュ 葵

    説明要らずの高性能カード。
    今回はニーナの<==spb01=10006@橙@ゴロゴロ>3面を<規格外==bt01=10199@@規格外>のパワーで叩き割ったり、3ルックで逆理を手札に引き寄せたりと大活躍でした。 3枚採用。
    レベル3帯
    <後援==bt04=10087@@!gp!> 後援の一矢 葵

    脅威の積み込み能力。安定して強いので4枚採用。
    レベル2帯
    <ガンマン==bt04=10089@@!gp!> 稀代のガンマン 葵

    確定で引けるのは<レイディング==bt04=10079@@レイディングダッシュ 葵>で積み込んだ時ぐらいですが、4積みしておけば<規格外==bt01=10199@@規格外>や<ヒーロー==bt04=10086@@子供達のヒーロー ピノ>でめくられる事も多く、結構ドローできる印象。

    <クロール==eb01=10083@@!gp!> 全力クロール ジークハルト

    後半は貴重なドローソースになり、<後援==bt04=10087@@後援の一矢 葵>でデッキの底に積んだカードを押し上げる事もできます。
    <レインボー==spb01=10065@緑@レインボーメロディ アシュリー>に枠を取られて2枚に。

    <レインボー==spb01=10065@@!gp!> レインボーメロディ アシュリー

    <規格外==bt01=10199@@規格外>とのコンボで逆理引き当てるのが主な仕事。
    2枚じゃ少ないって気持ちだけど、青じゃないので戦術にも逆理にも<神楽==bt03=10102@@降臨の神楽 学>にも反応しないため、これ以上増やしにくい。
    レベル1帯
    <ヒーロー==bt04=10086@@!gp!> 子供達のヒーロー ピノ

    (個人的)青最強の使者。
    <==bt01=10163@@芳醇な甘味 葵>と反応しないというのが最大の欠点。
    Trance Re:unionで<夕日==spb01=10097@@夕日に染まる 葵>が追加されたので今は4積み。

    <装備換装==bt04=10092@@!gp!> 装備換装 アルヴ

    先鋒枠。

    <究極の選択==bt04=10097@@!gp!> 究極の選択 葵

    <規格外==bt01=10199@@規格外>で逆理をめくると書きましたが、そうそう上手くいくわけがありません。
    そんな時リミット+2かこれがめくれるととりあえずリミットを消費しないので<規格外==bt01=10199@@規格外>を連打しやすいという構想のもと4積み。
    <レイディング==bt04=10079@@レイディングダッシュ 葵>で山に戻す選択肢としても優秀。

    <夕日==spb01=10097@@!gp!> 夕日に染まる 葵

    デッキ掘り要員。発動タイミングがバトルに勝った時のため忘れやすいので注意。
    盟約枠は<==bt04=10084@@新たな覚悟 葵>との選択で悩む人も多いと思いますが、このデッキではこっちの方が良いかと。
    戦術
    <規格外==bt01=10199@@!gp!> 規格外

    な、何が規格外なんですか?(すっとぼけ

    <契り==bt01=10201@@!gp!> 次元を超えた契り

    <==lbt01=10036@赤@悪い子はいねが>を採用するデッキが増えてきていたのでオーラ戦術は必須。
    そしてデッキをめくれる。
    逆理
    <まんまる==bt01=10203@@!gp!> まんまるお月様

    <月下==bt01=10157@@月下の大弓 葵>対応逆理。
    もちろん4枚。

    <三日月==spb01=10124@@!gp!> 弓形の三日月

    少しでもデッキが掘れるなら。

    ■終わりに
    今回は本当に大変な環境でした。誰だよ「葵にこだわっていきたい」とか言ってた奴は(←自分です)。
    まあそのおかげで「環境をきちんと把握して採用カードを工夫すれば、結果として返ってくるんだよ。」って事を証明できたと思うので、苦労した甲斐はあったと思います。

    ラクロジの楽しみ方は人それぞれだと思いますし、その中にはもちろん好きなキャラクターで勝ちたいという楽しみ方があります。
    今回の結果でそういった人たちが少しでも光明を見いだせたのなら幸いです。
    ※好きなキャラクターで勝たなければならないというわけでは無いのでご注意を。楽しみ方は人それぞれです(大事な事なので以下略。

    ともあれ固定化されてしまいやすいこのTCG環境を、次の弾(ひなろじ)が切り拓いていってくれることに期待したいですね(切実)。

    それでは今日はこの辺で。ありがとうございました。
    ■おまけ
    BCF名古屋に行った裏の目的。あふれる葵愛をここにw

    aoi.jpg


ラクエンロジック 超買取強化カード紹介!!(5/26)

by -遊々亭- ラクロジ担当

READ MORE

デッキ紹介記事まとめ

by -遊々亭- ラクロジ担当

READ MORE

ラクロジ初心者講座

by -遊々亭- ラクロジ担当

READ MORE