グランブルーファンタジーTCG 遊々亭Blogです。遊々亭一押しのプレイヤーさん達による攻略情報やゲームに関する様々な情報、担当のおすすめなど、グランブルーファンタジーTCGに関する情報を配信していきます。Twitterでも情報配信中です!
遊々亭@グランブルーファンタジーTCG担当アカウント@yuyutei_gbftcg遊々亭公式アカウント@yuyutei_news
  • 攻略コラム
  • デッキレシピ
  • ニュース

第4弾~遙かなる蒼天~注目カードレビュー闇編 byおにーちゃん。

    posted

    by おにーちゃん。

    こんにちは、おにーちゃん。です。
    今回は第4弾のカードから闇属性の注目カードを解説していきたいと思います。
    遙かなる蒼天 注目カード「闇属性編」
    《[会苦の剣士]スタン》
    stun.jpg


    ランク2のカードですが、レベルカードをコストにして2枚の手札破壊を可能にする破格の効果を持ちます。
    いとも簡単に能動的な2:1交換ができるようになるため、風属性のランク0の《<スタン=C=bo02@@スタン>》を投入するなどして積極的に狙っていくべきでしょう。

    ランク2の団員はランク0の団員とキャラ名が被っていても序盤の展開を阻害しづらいので、構築難易度で見ても「スタン」を上限解放していくデッキは纏まりやすくなるはずです。
    《ディアボロス》
    dia.png


    上記《[会苦の剣士]スタン》や各種「バザラガ」と合わせて、コントロール寄りの手札破壊型デッキで活躍が見込める非常に優秀な召喚石です。

    4枚の宝晶石が条件となるため、手札からの発動には時間がかかりますが、トリガー発動のタイミングではいつ発動しても2枚のカードアドバンテージを安定して得る事ができます。
    大量の手札を直接処理できるため、3弾環境で強力だった《<アテナ@@アテナ>》やアシストを構える火属性耐久デッキなどの耐久型デッキと格段に戦いやすくなるでしょう。


    《[ゴブリンスレイヤー]ルシウス(最終上限解放)》
    rs.png


    今回の目玉である最終上限解放シリーズの1枚。

    デザイン通り「ティナ」に注目したデッキで使ってももちろん強力ですが、白刃炎斬+を最大効率で発動するには火属性の味方がいれば何でも良いので、闇属性単色に《マギサ》《マリー》を加えた闇属性t火属性の手札破壊デッキで運用しても活躍できるでしょう。

    何も無くても3コストで手札2枚と順当なアドバンテージを得る事ができるので、特化したコンセプトカードに見えて実のところは非常に汎用性の高い手札破壊要員です。
    総評
    第4弾の闇属性は、速く、遅く、あの手この手で手札破壊を狙えるよう特性が伸ばされ、強化と言うより特化とでも言えるようなカード群となっています。

    手札破壊というコンセプト1つを取っても様々なタイプでデッキ構築が可能になっているので、第4弾の環境ではプレイヤーの個性がより色濃く反映された面白いデッキを見られそうで非常に楽しみですね。

第4弾~遙かなる蒼天~注目カードレビュー水編 byちょろ

    posted

    by ちょろ

    どうもこんにちは、ちょろです。
    今回は自分が気になる4弾のカードのレビューをやっていこうと思います\\\\( 'ω' ) ////
    遙かなる蒼天 注目カード「水属性編」
    [小さな聖騎士]シャルロッテ(最終上限解放)
    シャル.png


    4弾から新たに追加されるRank4の団員です!
    水属性団員にダメ軽減-3が付与されるので自身が実質HP9ある状態なので超火力が来ない限り簡単にやられないはず!
    ソード・オブ・リュミエール+は相手が選んでしまうが3コストで2枚削れるのは強いですね。

    前回紹介したスーパースター軸では5ターン目に<蒼天の守護@@Rank3カタリナ>で宝晶石を3枚使った時(エンチャントランズ+で手札1枚消費2パンチ追加+団長+自身=4パンチ)とRank4シャルロッテで宝晶石を3枚使った時(ソード・オブ・リュミエール+で2パンチ分追加+団長+自身)を比べると、
    同じパンチ数でシャルロッテの方が手札1枚少なく済むので、4ターン目の返しで<シルヴァ=G@@シルヴァ>がやられた後団員補充で出して5ターン目で効果を使えば宝晶石が2枚余り<みんなの人気者@@[みんなの人気者]ペンギー>を構えることができるので、攻防隙なく立ち回れそうですね。
    このカードと一緒に使おう
    • [ディリジェントナイト]ブリジール
    ブリジール.jpg


    場にシャルロッテがいればただ出しができるのでさっき紹介したシャルロッテとシナジーが合いますね。
    水属性以外にも光にシャルロッテのカードがあるので光に出張できたりします。

    • バウタオーダ
    パウダ.jpg


    無色1コストでシャルロッテどれでもサーチができるので手軽に持って来ることができます。
    属性は光なので水t光が流行るかも知れませんね!
    [友誼の騎士]ヴェイン
    ヴェイン.png


    リスキーデストラクション+はターン1ですがアーマーが相手より少なければなんでもバウンスできる強力テキストで<テレーズ=M@@[優腕の決闘者]テレーズ>と違い、攻めでも積極的にバウンスすることができます!

    アームゲイン+は横展開していればしているほど効果を発揮するので<シャルロッテ=m@@Rank1シャルロッテ>のケーニヒシルトや、<銀の軍師@@Rank3[銀の軍師]アルタイル>の戦術策:方円+、<パースタ@@スーパースター(女)>のオーヴァチュアIIと相性がいいですね。

    横展開する場合、自身のHPは3しかないのでダメージ軽減やHP+の効果を使って守るようにしましょう。
    このカードと使おう
    • Rank3[奮励の儁秀]シルヴァ
    <奮励の儁秀@@!gp!on!200>


    相手が1体出ししていればバウンスしてからタクティシャン+でゲームセットできるので<みんなの人気者@@[みんなの人気者]ペンギー>や召喚石で1枚出しの状態を調整して一緒に使いましょう。
    Rank4[頷笑の大道芸人]ウラムヌラン
    ヌラン.jpg


    水属性Rank4の2種類目でそれなりに強い効果を持っています。
    <創笑の大道芸人@@Rank2>の時のジャグリングは同じテキストですが+になると1コストになりコスト管理が楽です。
    ハイテンション+は<狂奔の忠騎@@[狂奔の忠騎]ヴィーラ>のダーケイン+と同じように3コストで連パンと7ダメ飛ばしの実質2パンチ分仕事をします。
    このカードと一緒に使おう
    • ダークフェンサー(男)
    <ダークフェンサー@@!gp!on!200>


    ジャグリング+の5ダメは基本的にRank2までしか倒せないので、Rank3を倒せるように採用しましょう。

    他にも<ヴェイン=UC@@Rank1ヴェイン>は色指定無し1コストでかばう効果があるので4騎士デッキがまた強化されると思います。
    発売は延びてしまいましたがまだまだ公開されていないカードがあると思うので楽しみに待ちましょう!
    では今回はこの辺で。あでゅー

第4弾~遙かなる蒼天~注目カードレビュー土編 byコーヒー牛乳

    posted

    by コーヒー牛乳

    どーもこんにちは、コーヒー牛乳です。
    今回は3/17に発売される第4弾「遥かなる蒼天」に収録される土属性のカードをレビューしていこうと思います。
    遙かなる蒼天 注目カード「風属性編」
    サラーサ
    sarasa.png

    まず、1枚目は≪サラーサ≫。
    今回の目玉の1つである十天衆の1人。

    このカードは、2つの効果があります。
    • アクティブ能力の[ヴォーバルレイジ]
    • 全体火力の[グラウンドゼロ]
    です。

    まず[ヴォーバルレイジ]ではアクティブ能力で自ターン中では相手の低いHPの団員を処理しながらアクティブになるので序盤から活躍の場面は多いです。
    また[グラウンドゼロ]は、アーマー1枚を犠牲にすることで相手の団員全てに10点のダメージを与えることが出来ます。
    アーマーを犠牲にする分、コストが低く設定されており相手を一掃することが出来ます。
    しかし、登場時効果では無いので相手ターン中はカウンターステップでの使用になるのでタイミングは難しそうな気がします。

    個人的には、[ヴォーバルレイジ]を使って1ターンの攻撃回数を増やしていくことがメインになりそうです。
    [開闢の錬金術師]カリオストロ(最終上限解放)
    osan.png


    2枚目は、≪[開闢の錬金術師]カリオストロ(最終上限解放)≫。
    こちらも今回の目玉の1つで、最終上限解放のカリオストロです。
    効果は2つあり。

    • 自ターン限定の全体火力の[コラプス++]
    • 全体アクティブ+マウント能力の[ファンタズマゴリア++]
    です。

    まず、[コラプス++]は自ターン中+登場時or上限解放時と言う制限はありますが、相手にアーマーがあれば団長にまで6点のダメージを与えることが出来ます。
    次に、[ファンタズマゴリア++]は合計8コストとかなり重たいですが、味方すべてに+2/2してアクティブにすることが出来ます。
    タイミングこそ難しいですが強力な能力です。
    また、この効果は自分ターンの制限がないので相手のターン中に使えば相手の効果に選ばれなくなりますし、HPも増えるので相手の計算をずらすことが出来ます。
    更に、団長が<ガンスリンガー@@ガンスリンガー(女)>であれば、アーリーショットも使えるようになり除去も行えるようになります。

    個人的には、[開闢の錬金術師]カリオストロ次第でいくらでも化けるような気がするカードです。
    ジャスミン
    04041.jpg


    3枚目は、≪ジャスミン≫。

    ここに来てのまさかのC(コモン)のカード。
    これは、土属性単を使用したことがある人はわかると思いますが、今までの土属性のデッキは相手のリソースを奪って戦うのがメインで、除去をして相手のライフが0の時に<ダークフェンサー@@ダークフェンサー(男)>のディレイⅡでチェインバーストが足りず団長だけなのに勝ちきれない場面がありました。
    しかし、手札のこのカードを使えば相手の裸の団長を攻撃出来るようになるので、相手の計算を大きくずらすことが出来ます。
    使用用途がこれぐらいしかありませんが、デッキに2枚入れて置けばこれで勝つことの出来る場面はあると思います。
    今回は3/17に発売される第4弾「遥かなる蒼天」に収録されたカードを3枚だけですが、紹介させていただきました。
    4弾では、今までの土属性には出来なかった連続攻撃に重点を置かれているような気がします。
    また、グラブルTCGのプールが増えるにあたってデッキの構築が大きく変わるのかな?っと思わせてくれる弾になってます。 それではまた次回!

    P.S.公式大会の情報が待ち遠しいですね。

第4弾公開カードまとめ!

by -遊々亭- グラブルTCG担当

READ MORE

新弾デッキ紹介 まとめ

by -遊々亭- グラブルTCG担当

READ MORE

グラブルTCG対戦動画倉庫

by -遊々亭- グラブルTCG担当

READ MORE

グラブル原作ニュース まとめ

by -遊々亭- グラブルTCG担当

READ MORE