バディファイト 遊々亭Blogです。遊々亭一押しのプレイヤーさん達による攻略情報やゲームに関する様々な情報、担当のおすすめなど、バディファイトに関する情報を配信していきます。Twitterでも情報配信中です!
遊々亭@バディファイト担当アカウント@yuyutei_bf遊々亭公式アカウント@yuyutei_news
  • 攻略コラム
  • デッキレシピ
  • ニュース
 

【デッキレシピ】「竜王伝で殴れ!グラトス2017夏!」【ひさ松】

posted

by ひさ松

BF超買取.jpg
竜王伝で殴れ!グラトス2017夏!
こんにちは!
ひさ松です。

今回は「よっしゃ!! 100円ダークネスドラゴン」でモリモリと強化された
《グラトス》のデッキを紹介したと思います。

デッキレシピ
170821 bf.jpg
竜王伝で殴れ!グラトス2017夏!
ひさ松
=====deckstart===== @ワールド・バディ-orange <==xtd01=10020>*1 <==hbt04=10006>*1 @モンスター-mtgcre <==dbt04=10045>*4 <==xbt02=10004>*4 <==xcp03=10025>*1 <==xcp03=10125>*2 <==hbt04=10006>*4 <==dbt04=10051>*4 <==xcp03=10004>*2 <==xcp03=10017>*4 <==xcp03=10005>*4 <==xcp03=10075>*2 <==xss03=10051>*1 @魔法-blue <==xcp03=10020>*4 <==xcp03=10043>*2 <==xcp03=10045>*4 <==xbt02=10115>*4 <==xbt02=10005>*4 <==xbt01=10008>*4 @アイテム-green <善悪の書 アヴェスター>*4 =====deckend=====
コンセプト
《グラトス》によるコントロールデッキです。
たくさんのカードが収録された100円ダークネスの中で、最も《グラトス》と相性がいいと思ったのがこの2枚↓
<==xcp03=10017@@!gp!on!200>
<==xcp03=10017@@魔竜の落とし子 チムノー>
<==xcp03=10111@@!gp!on!200>
<==xcp03=10111@@善悪の書 アヴェスター>
場にこの2枚が揃うと、1ターンに1度、相手のモンスターを破壊した時に<==xss03=10046@@竜王伝>と同様の効果が発動します。
1ターンに1度なので、相手ターンでも発動します。
自分の場に《グラトス》がいれば相手ターンに相手モンスターを破壊することが可能なので、自分と相手のターン往復で2ドロー・2ゲージ・2ライフゲットできます。
さらに、4000と6000の攻撃力があり攻撃要員としても及第点。
これが『竜王伝で殴る、この夏のグラトス』の肝です。
もちろん相手は<==xcp03=10017@@チムノー>を狙ってきますが、そこは《グラトス》の出番。
<==xcp03=10017@@チムノー>への攻撃を《グラトス》で守って、毎ターンアドバンテージを稼いで、圧倒的な力で勝利しましょう!

基本的な回し方
《グラトス》コールまで、ドロップにあと何枚《黒騎士》が必要か? ゲージは足りるか? などを考え、<==xbt02=10004@@C・ダリルベルク>や<==dbt04=10051@@逆臣 ベルゼガルド>・<==xbt01=10008@@悪の凶宴>でドロップゾーンを肥やしつつ必要なパーツを手札に持ってきましょう。
このターンでコールできないと分かった場合は、早く見切りをつけ、<==xbt02=10115@@死地への誘い>などを使った1キル回避プランに切り替えましょう。
次のターンに《グラトス》を出すためのゲージ管理も忘れずに~

ピックアップカード
黙示録の騎士団長 グラトス
<黙示録の騎士団長 グラトス@@!gp!on!200>
vs《悪神竜》において、このカードだけでゲームエンドまで持っていける男前。
vs《煉獄騎士団》では【<==xcp03=10095@@血盟陣>+<==hbt04=10055@@死揮棒>】のワンキルコンボを防ぐことができます。
サイズ3が苦手な<==hbt04=10006@@黙示録の第一騎士 グラトス>の穴を埋めるべく収録されたはずが...
<==xcp02=10029@@トリプルバスター>の収録で仕事が無くなっちゃったことは、昨日のことのように思い出されますね。

終焉世界の魔竜神 アジ・ダハーカ "ガエン"
<終焉世界の魔竜神 アジ・ダハーカ@@!gp!on!200>
「The Chaos」が苦手なので、<終焉世界の魔竜神 アジ・ダハーカ@@ガエンさん>に一肌脱いでもらっています。
種モンスターが必要なので運用には注意が必要。(グラトスが種になりにくいので!)
《バルソレイユ》など、遊ぶ環境に合わせていろいろなカードに変えてもOK。

ヴェンディダート・ディザスター
<ヴェンディダート・ディザスター@@!gp!on!200>
超強い。ハイエナだもの。
「相手の場にモンスターがいると2・3ゲージしか貯まらない...」
と、思いきや「4ゲージ貯めて、"好きなゲージをドロップゾーンに置ける"」
先攻1ターン目ではハイエナ、後攻1ターン目ではゲージ加速+《黒騎士》肥しとして機能します。
また、中盤以降はこのカードと<==xcp03=10111@@アヴェスター>のおかげで2枚目以降の<==xbt02=10115@@死地への誘い>も腐らず運用できます。

最後に
ビックリするくらいちゃんと戦えるデッキです。
最初期のグラトスデッキの「コンボデッキとしてもコントロールデッキとしても足りない」という使用感ではもう無くなったと思います。
ちょっと高額のカードが多くて、他の「ダークネスワールド」のデッキでも必要なカードがあって組みづらいかもしれませんが、自分なりにカードを差し替えて遊んでみてください。
《黒騎士》の枚数とモンスターの枚数が少なくなりすぎないようにご注意を!
ではまた~

デッキ紹介まとめ 7月21日 更新!

by -遊々亭- バディ担当

READ MORE